和装にもカジュアルにも似合う合切袋

こんにちは!鶴田修です。(^O^)/

今回は合切袋のご紹介です。

合切袋とは、「一切合財」何でも入れられる袋物の事で、口をひもでくくるようにした袋です。
明治20年代にこの名称ができ、のちに「信玄袋」という名称ができ和服に合うことから大流行したそうです。

和装に似合うのはもちろんですが、革の色・素材を選べば現代のファッションにも全然マッチしますね。
お財布、スマホ、キーケースなど身の回り品がちょうど入るサイズ感も使いやすくてグッドです!b(-_^)
サイズ:高さ27cm×幅23cm×マチ6cm

 

 

 

 

 

コキというヒモを通す部品が、合切袋らしい雰囲気をだしていますね。

 

 

ひもを緩めると口は大きく開きます。

 

 

小物用のポケット付きです。(^-^)

 

 

当店のロゴプレート付きです。

 

 

ひもはレーヨン製の組紐を使用し、ひも留めには天然木を使用しています。

 

 

6cmのマチでしっかり荷物が入ります。

 

 

男性にも女性にも似合う鞄です。

 

 

オーダーメイド

この他にもバッグは色々な種類があります。
これまでのオーダーメイド製作例をご覧ください。(^-^)

 

オーダーメイドでは革の種類や色、糸の色などを自由にお選び頂けます。
こちらのお財布はレギュラーアイテムとして在庫がありますので、店頭にてサイズや機能をご確認頂けます。
革やファスナーを選ぶのはもちろん、カード入れの枚数を変更したりとカスタムもお受けしております。
オーダーに関する質問はお気軽にお問い合わせ下さい。

〈参考価格〉

¥18,000~(税抜き)
お選び頂けるのは、
・革の種類、色
・内側の色
※価格は目安とお考え下さいね。(^-^)

 

 

オンラインショップ

オンラインショップでも販売中です。
スマホでショップをフォローして頂くと、新商品入荷のプッシュ通知が届きます!\(^o^)/

オンラインショップはこちら

 

 

お問い合わせ

メールでお問い合わせはこちら

友だち追加

TEL082-516-4106

オーダーメニュー価格表
・オーダーメイドの参考価格表です。ここに載っていない物はお問い合わせ下さい。